ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2004年08月26日 08時54分 公開

Windows XP Tablet PC Edition 2005がリリース

「Windows XP Tablet PC Edition 2005」の特徴は、インプレース方式のタブレット入力パネル、リアルタイム認識機能、Microsoft Office Systemとの親和性強化、Bluetooth対応の強化など。

[ITmedia]

 米Microsoftは8月25日、Windows XP Service Pack 2(SP2)の一部として、Tablet PC用OSの新バージョンである「Windows XP Tablet PC Edition 2005」をリリースしたと発表した。

 新バージョンは、インプレース方式のタブレット入力パネル、リアルタイム認識機能、Microsoft Office Systemとの親和性強化、Bluetooth対応の強化などを特徴とする。

 インプレース方式のタブレット入力パネル(TIP)では、入力ボックスをペンでタッピングするとオレンジのTIPアクセスボタンが表示され、入力エリアの下に直接、Tablet PCの入力パネルを開くことができる。

 リアルタイム認識機能では、Microsoftの手書き認識技術が手書き文字をテキストに変換。変更候補の中から正しいものをユーザーが選んでテキストブロックに挿入することができる。また入力エリアでユーザーがテキスト行の終わりに近づくと、追加行用の空間が自動的に現れ、長いテキストを従来より簡単に入力できるようになっている。

 Windows XP SP2とTablet PC Edition 2005は、Windows XPの自動アップデート機能を有効にしているユーザー向けに無償配布が開始されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.