ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2004年08月27日 08時35分 UPDATE

米司法省、オンライン詐欺取り締まりで成果

ID盗難、詐欺、ソフト偽造、コンピュータへの侵入などの犯罪を取り締まる「Operation Web Snare」の成果として、150人以上の容疑者が逮捕された。

[ITmedia]

 米司法省は8月26日、オンライン詐欺などの容疑者150人以上を逮捕し、117件の刑事告発に成功したと発表した。一部の被告に対しては、有罪判決までこぎ着けている。

 米司法省は25日、P2Pを利用した違法コピー流通グループ摘発を発表したばかり。

 今回の発表は、司法省が連邦地検、連邦捜査局(FBI)などと共同で、ID盗難、詐欺、ソフト偽造、コンピュータへの侵入などの犯罪を取り締まる「Operation Web Snare」キャンペーンの成果だとしている。Web Snareの取り組みの一部として、6月1日から8月26日までに160件以上の調査が進んでいると明かされている。

 調査の結果、こうした犯罪の被害を15万人以上が受け、推定2億1500万ドル以上の損害を被ったことが判明したという。→詳細記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.