ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2004年09月01日 08時50分 公開

VERITAS、電子メールアーカイブ企業を買収

米VERITASは、KVault Software (KVS)の買収で合意した。KVSのソフトでは、MicrosoftのExchange、SharePoint、Officeおよびファイルシステムに保存された企業の重要情報をアーカイブできる。

[ITmedia]

 米VERITAS Softwareは8月31日、電子メールアーカイブソフトメーカーKVault Software (KVS)の買収で合意したと発表した。買収は約2億2500万ドル総合の現金取引で行われ、9月末までに完了の見通し。

 KVSのソフトでは、MicrosoftのExchange、SharePoint、Officeおよびファイルシステムに保存された企業の重要情報をアーカイブできる。KVSの買収によって、VERITASはあらゆる企業情報のストレージ、管理、バックアップ、アーカイブのための製品を提供でき、ストレージソフト市場での主導的立場を拡大できると説明。電子メールアーカイブは2007まで年率57%の成長が見込めるとするGartner予測を紹介している。

 KVSは今後、VERITAS傘下で別部門として運営され、現在のKVS経営陣の下、各国のKVS従業員約200人が移籍する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.