ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2004年09月02日 10時14分 公開

SAPのアプリケーションサーバがVoice XML音声対応に

[IDG Japan]
IDG

 独SAPは9月1日、ボイスアプリケーション管理システム企業のVoiceObjectsと契約を結び、自社アプリケーションの音声対応に向けて一歩前進した。

 SAPのWebアプリケーションサーバに、スピーチプラットフォームのVoiceOjbects Factoryを組み込む。VoiceOjbectsのコンポーネントは、ユーザーがページのビューを変更してHTMLコードを生成するタイミングで、業界標準のボイスマークアップ言語であるVoice XML(VXML)のコードを生成する。

 ユーザーインタフェース、フロー、プロンプトなど、音声対応アプリケーションはVoiceObjectsのレイヤーの上位に設計されているため、SAP顧客はVoiceObjects以外のVXMLゲートウェイを使ってアプリケーションに音声チャンネルを追加できる。

 一式そろった音声プラットフォームは、2005年に準備が整うという。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.