ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2004年10月14日 11時48分 公開

Adobe Acrobat/Readerに脆弱性

[ITmedia]

 Adobe AcrobatおよびAdobe Readerに脆弱性が発見された。ドキュメント内の画像に悪意のあるコードが埋め込まれれば、機密情報を盗まれてしまう危険性があるという。

 セキュリティ企業のSecuniaによれば、問題となるのは、ドキュメントに埋め込まれたMacromedia Flashのファイルで、Webサイトからに置かれたPDFファイル内に細工されたFlashファイルが埋め込まれた場合、アタッカーに利用されてしまうという。危険度は低い。

 Adobe Acrobat 6.x、Adobe Reader 6.xが対象となっており、パッチはまだ公開されていない。対策としては、Adobe AcrobatとAdobe ReaderのJavaScriptをオフにすること。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.