ITmedia NEWS >
速報
» 2004年10月14日 18時27分 公開

世界最高耐熱性のポリカーボネイトを開発、電子分野に売り込み

[ITmedia]

 出光興産は10月14日、世界最高レベルの耐熱性を持つポリカーボネイト樹脂を開発し、12月からサンプル出荷すると発表した。汎用品の2倍近くの耐熱性能を持ち、LEDや回路基板といった新用途向けに5年後に50億円の売り上げを目指す。

 開発した「タフゼットHRグレード」のガラス転移温度(硬い状態から柔らかい状態に変化する温度)は267度。汎用ポリカーボネイト(145度)の2倍近い温度まで耐えられ、はんだ付け工程にも対応可能という。ガラス転移温度は150−270度の範囲でニーズに応じて設定可能だ。

 同社はこれまで、レーザープリンタやコピー機の感光ドラム向けにポリカーボネイトを販売してきた。今後、ディスプレイやLED、レンズ、回路基板など電子・光学分野への事業展開を図る。

 新技術は、10月20−22日に開かれる「PDP International 2004」(パシフィコ横浜)に出展する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.