ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2004年10月14日 18時57分 公開

スタバがTablet PC使い、音楽販売ビジネスに参入

今月から音楽ビジネスへの参入を果たすのはMicrosoftばかりではない。シアトル本拠のコーヒーチェーン、Starbucksが10月18日から楽曲販売を開始する。ただし、店内で。

[ITmedia]

 Starbucks Coffeeは、Hewlett-Packard(HP)との提携で実施する店内での音楽販売ビジネス「Hear Music Media Bar」を立ち上げる。米国45店舗で、利用者が希望する楽曲をCDに焼き付けて独自のコンピレーションアルバムを作る音楽販売サービスを提供する。

 10月18日にはワシントン州シアトルの15店舗、25日にはテキサス州オースチンで30店舗がサービスを開始し、11月までサービス提供店舗を拡大する。

 販売はセルフサービスで、HPのTablet PCを使い、利用者は、Starbucksが独自の選んだ15万曲の音楽のなかから好きな曲を選択し、CDに焼くことができる。

 アルバムカバーはカスタマイズでき、HPのプリンタを使って印刷される。購入前に楽曲をフルに試聴することができる。CD 1枚の価格は最初の7曲までは8.99ドル。8曲を超えると1曲当たり99セントが追加される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.