ITmedia NEWS >
速報
» 2004年10月19日 16時13分 公開

指静脈認証装置を3分の1に小型化 日立ソフト

[ITmedia]

 日立ソフトウェアエンジニアリングは10月19日、指の静脈パターンを利用して本人認証するシステムを、業界最小サイズに小型化したと発表した。同社の指静脈認証システム「静紋」シリーズとして製品化を目指す。

 日立製作所中央研究所が開発した指静脈認証技術(関連記事参照)をベースに、静脈パターンを撮影する光学ユニット部を小型化した。サイズは95(奥行き)×79(幅)×55(高さ)ミリ。認証精度は従来と変わらないという。

 PCやネットワークへのログオン時認証などでの利用を想定している。参考として同社は、Windows 2000 Professional/Server、Windows XP、Windows Server 2003を搭載した機器にUSB 1.1接続し、ログオン・ロック解除に認証を要求する仕様を公開している。

 新技術は、10月20日から東京ビッグサイトで開かれる「Security Solution 2004」でデモ展示する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.