ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2004年11月02日 08時45分 UPDATE

年末商戦のオンライン販売高、2ケタ台の成長を予想

[ITmedia]

 調査会社JupiterResearchが11月1日発表した報告書によると、11月と12月の年末商戦を通じた今年のオンライン小売り販売高は、前年同期比19%増の216億ドルに達する見通しだ。

 オフライン店舗の販売高が横ばいで推移しているのに対し、オンライン販売高は2ケタ台の成長が続いているとJupiterResearchは指摘。オンラインで年末の買い物する米国居住者は今年8600万人となり、昨年の7300万人から18%伸びる見通し。1人当たりの購入額も2%増えると予想している。

 消費者が購入する商品は引き続き玩具、書籍、アパレルが中心となるが、今年はもっと幅広い商品を購入する意欲も示されているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.