ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2004年11月06日 09時08分 UPDATE

英業界団体、ソフト不正利用通報の報奨金引き上げ

[ITmedia]

 業界団体のBusiness Software Alliance (BSA)は11月5日、英国企業のソフト不正利用を通報した人物に支払う報奨金の最高額を、これまでの2倍の2万ポンドに引き上げると発表した。ソフト不正利用の危険性について認識を高めてもらう狙い。

 BSAでは、回収されたソフトの価値の10%を報奨金として支払っており、これまでは1万ポンドを上限としていたが、年内いっぱい、この限度額を2万ポンドに引き上げる。同社サイトを通じて通報を募っており、通報は匿名でできると強調。これまでに寄せられた通報は、問題の企業のIT担当社員からの場合が多いという。

 BSAの広報資料で紹介しているIDCの6月の調査によれば、英国で使われているソフトのうち、不正利用は29%に上っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.