ITmedia NEWS >
速報
» 2004年11月15日 19時51分 UPDATE

「パナソニック」「NEC」が携帯2大ブランド

C-NEWSの調査によれば、「パナソニック」と「NEC」の2社がブランド力のある携帯電話端末メーカーという結果に。また、端末購入・買い替え予定者の6割強が「メーカーにこだわる」と回答した。

[ITmedia]

 インフォプラントが運営するインターネットリサーチサイト「C-NEWS」は11月15日、携帯電話端末メーカーのブランドイメージに関するアンケート調査結果を発表した。調査対象は、自分名義の携帯電話を所有している15歳以上のインターネットユーザー500人。

 各メーカーについて、当てはまるイメージを複数回答形式でたずねたところ、「パナソニック」「NEC」では約6割が「ブランド力がある」と回答。

 「シャープ」では4割弱が「機能が優れている」を選択した。「ソニーエリクソン」は「個性的である」「デザインが良い」「おしゃれである」を選んだ人が多かった。

 「東芝」「富士通」「日立」「三菱」では「ブランド力がある」は3割〜3割半ば。「サンヨー」は全般的にポイントが低く、「カシオ」「京セラ」「ケンウッド」では4割半ば〜5割弱、「デンソー」「日本無線」では8割弱〜8割半ばの人が、あてはまるイメージが選択項目中にないと答えた。

 「ノキア」は2割強が「個性的である」、「モトローラ」では7割があてはまるイメージが選択項目中にないと答えた。

 「携帯電話の最新機能として関心のある機能」(複数回答形式)は、「200万画素以上のカメラ機能」で4割強でトップ。次いで、「地上波テレビ」(3割半ば)、「テレビ電話機能」(3割半ば)、「決済機能(FeliCaなど)」(2割半ば)、「FMラジオチューナー」(2割強)と並んだ。

 「携帯電話の購入・買い替えを予定している」とした人に、「メーカーにこだわるか?」たずねたところ、「こだわる」または「どちらかといえばこだわる」と答えた人が、NTTドコモユーザーでは7割強、全体でも6割強となり、人気メーカーはそれぞれ、NTTドコモが「パナソニック(松下)」(6割強)、auが「ソニーエリクソン」(4割半ば)、ボーダフォンでは「シャープ」(7割強)という結果になった。

 また、購入・買い替え予定者の6割強が「最新機能」について「こだわる」とし、うち6割弱が「200万画素以上のカメラ機能」にこだわりたいと回答。「デザイン」については、au、ボーダフォンで7割、NTTドコモで6割強が「こだわる」。「本体色」については、8割半ばが「こだわる」と回答。デザイン、色とも「シンプル」をポイントとする人が多かったという。

 購入予算は5割弱が「1万円以内」で、携帯電話購入の決め手を自由回答形式でたずねたところ、「価格」をあげた人が3割近くにのぼったが、「カメラ機能」「デザイン」をあげた人も見られた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.