ITmedia NEWS >
速報
» 2004年11月16日 17時27分 UPDATE

N900iLとIP電話を統合活用 NECが新システム発売

NECは、「N900iL」とIP電話を統合的に活用できる新システムの販売を始めた。同社のSE・営業約100人が実際に活用して販促に取り組む。

[ITmedia]

 NECは11月16日、FOMA/無線LANデュアル端末「N900iL」とIP電話を統合的に活用できる「UNIVERGE“FOMA”連携ソリューション」の販売を始めた。

 同端末と、NECのSIP対応IPテレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000」、無線LANシステム、企業情報ポータル「StarOffice21」、ユニファイドコミュニケーションシステム「「UnifiedStar Excellent」などを組み合わせて利用する。

 社内ではワイヤレスVoIPによる内線IP電話に、社外ではFOMA端末に自動的に切り替えて利用できる上、ユニファイドコミュニケーションシステムとの連携で、離席中や外出中にかかってきた電話の自動転送も可能だ。

 企業ポータルやプレゼンスサーバなどとも連携し、相手先の状態に応じて電話、メール、インスタントメッセージなど最適な手段を選べる。外出先からWeb会議への参加も可能だ。

 IP化で通信コストを削減可能な上、システム運用効率や業務効率を向上できるとしている。同社のオフィス兼ショールーム「NECブロードバンドソリューションセンター」(東京・品川)に17日から導入し、SEと営業約100人が自ら活用して販促に取り組む。

 100ユーザーで1426万円から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.