ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2004年11月17日 09時14分 UPDATE

Sun、Java 2 Standard Edition 6.0スナップショットをオープンソース化

SunはJ2SE 6.0「Mustang」のスナップショット版ソースコードを公開した。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 Sun Microsystemsは11月15日夜、Java 2 Standard Edition 6.0の「スナップショット」版プレリリースを公開した。このバージョンはコードネーム「Mustang」と名付けられた、次世代のJavaプラットフォームである。

 ダウンロードはhttps://j2se.dev.java.net/から。開発者向けの初期バージョンのコードで、最新の機能とプラットフォームの修正が含まれている。

 「昨晩、われわれは次世代JavaプラットフォームのソースコードをWebにアップした」と、Sunのデベロッパーおよびオープンソース戦略担当ディレクターであるマット・トンプソン氏は16日に開催されたSDForumオープンソースイベントで語った。

 「ソースとバイナリががダウンロードできる」とトンプソン氏。

 Mustangでは開発の容易さ、パフォーマンス、Webサービスが重要視されている。J2SE 6.0の一般向けリリースは2006年春に予定されている。

 公開されたコードはJava Researchライセンスによりオープンソース公開されている。Mustangの初期コードはオープンソース化されたが、SunではJavaプロジェクトがJava標準と合致すること、Java自体がオープンソース化しないことを主張している。

 Researchライセンス下でコードを公開した理由は、まだ調査中だということだ、とトンプソン氏は説明した。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.