ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2004年11月19日 08時40分 UPDATE

セキュリティソフト統合のAOL新版、加入者に無償リリース

AOLのインターネットソフト新版「AOL 9.0」にはセキュリティ対策が統合されている。

[ITmedia]

 米America Online(AOL)は11月18日、セキュリティ機能を統合したインターネットサービスソフト新版「AOL 9.0 Security Edition」をリリース、ダイヤルアップとブロードバンドサービス加入者を対象に無償配布を開始した。

 「AOL 9.0 Optimized」を基盤に、セキュリティに重点を絞った初のバージョン。ベーシックな高速接続のユーザーに最適だとしている。

 Security EditionはMcAfeeのウイルス対策プログラム「VirusScan Online」とファイアウォール「Personal Firewall Express」を統合。スパイウェア対策では「AOL Spyware Protectionに加えて主要なスパイウェアなどに自動対処する「SpyZapper」機能を追加した。

 スパム対策ツールも簡素化を図り、IM経由のスパム対策ツール「SpIM」を新たに提供。このほかポップアップ制御機能や保護者によるアクセスコントロール機能、銀行やクレジットカード口座の不正利用を通報する「Money Alerts」が組み込まれている。

 スパムやウイルスの増大に伴い、ホームコンピュータをセキュアに保つためには、ユーザーがウイルス対策やファイアウォールなど複数のソフトを購入して設定し、それぞれを常にアップデートしておくよう気を配らなければならなくなっているとAOLは指摘。この結果、セキュリティが十分でない場合も多いが、AOL 9.0 Security Editionではこうしたソフトを一つのパッケージにまとめ、重要な機能は常にオンになっていて自動でアップデートされるため、加入者は追加料金なしでコンピュータを保護できると説明している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.