ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2004年12月06日 11時57分 UPDATE

Trend Micro、スマートフォン向けウイルス対策ソフトを無償提供

McAfee、Symantecに続き、Trend Microも携帯ウイルス対策ソフトに参入する。最初のバージョンは、来年6月末まで無償提供される。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 携帯電話ウイルスへの対抗策を打ち出す企業が相次ぐ中、Trend MicroはWindows Mobile、SymbianのOSで動作する携帯電話向けに、ウイルスおよびスパムからユーザーを防御するソフトウェアの提供を開始する。

 同社は12月6日にTrend Micro Mobile Security Version 1.0を発表する予定。このソフトウェアはいわゆるスマートフォンに向けられた製品で、2005年6月30日まではユーザーが無料でダウンロードし、使うことができる。トロイの木馬「Skulls」や「Cabir」ワームなどの携帯セキュリティの脅威に対抗し、SMSスパムにも対応できるという。

 このソフトウェアは他のウイルス対策ソフトと同様の仕組みで、Trend Microが開発したシグネチャを使って携帯向けの脅威を発見する。不正なコードが携帯デバイスに何かをインストールしようとすると、それを「リアルタイムで」発見するという。電話のストレージのスキャンも自動・マニュアルで行うことができる。

 新しいウイルスシグネチャは3Gデバイスで一般的なGPRSを使い、モバイルデバイスにアップロードできる。アップデートはMicrosoftのActivesyncでも可能だ。

 対応デバイスは、Windows Mobile 2003またはSymbian OS v.7.0を搭載している携帯電話。Motorola MPx200、O2 XPhone、Orange SA SPV C500、Sony Ericsson Mobile Communications AB P800、P900、P910、Motorola A920、A925、A1000が対象となっている。

 同社では、Windows Mobile 2003 for Pocket PC-Phone Editionが動作する携帯電話およびPDAに対応したバージョンも、2005年1月にリリース予定だ。

 同ソフトウェアのVersion 1.0は6月末に期限切れとなるが、ファイアウォール、データ暗号化機能が付加された新バージョンがその時点で更新可能になるという。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.