ITmedia NEWS >
速報
» 2004年12月16日 21時07分 公開

CCC、全社情報共有システムをNotesからWindows Server Systemに

[ITmedia]

 「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)はこのほど、全社情報共有システム基盤にWindows Server Systemを導入した。

 導入したのはWindows Server Systemと「Exchange Server 2003」「Office SharePoint Portal Server 2003」。

 マイクロソフトによると、CCCでは従来はNotesを使用してきたが、低レスポンスやアプリケーション乱立などの課題を抱えていたため、Windows Server SystemとActive Directoryベースのマイクロソフトプラットフォームを採用したとしている。

 日常業務に使用しているOffice製品と連携し、情報作成から共有までを共通インタフェースで行えるようにした。メールの処理時間も大幅に短縮できたという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.