ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2004年12月17日 10時16分 公開

Cisco、東京に研究開発センターを開設へ

Ciscoは2005年2月に東京にR&Dセンターを開設する。

[ITmedia]

 Cisco Systemsはルータ、IOS、IOS XRソフトウェアの開発のため、日本に研究開発センターを設置する。2005年2月にオープン予定で、Ciscoは今後5年間で1200万ドルを投資する。

 東京R&DセンターはIPv6、マルチキャスト、ワイヤレスといった先進的技術にフォーカスするという。開所時のエンジニアは10人。東京が選ばれたのは日本がブロードバンドサービスにおけるリーダーシップを握っているためだとCiscoは説明する。

 「日本はインテリジェントなバンド幅に対する需要が高く、それに適合した製品とテクノロジーを作り出すことができれば、世界の他の市場すべてに通用する」とCiscoのルーティングテクノロジーグループ担当上級副社長兼ジェネラルマネジャー、マイク・ボルピ氏はコメントしている。なお、Ciscoが今年発表したCisco Carrier Routing System(CRS-1)は、日本のサービスプロバイダーからの要請に基づいて開発されたものだという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.