ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年02月01日 08時37分 公開

TiVo、サードパーティー向けにソフト開発キット公開

[ITmedia]

 デジタルビデオレコーダ(DVR)提供企業の米TiVoは1月31日、サードパーティーの開発者にTiVoサービス拡張のためのアプリケーションを作成してもらえるよう、ソフト開発キット(SDK)をリリースした。

 SDKはJavaベースでCommon Public Licenseの対象となり、オープンソースソフト開発サイトのSourceforge.netで同日からダウンロード提供されている。

 放送局やデベロッパーはこのSDKを使って、TiVo加入者向けにメディアリッチなブロードバンドアプリケーションを導入できるとTiVoは説明。これはリビングルームに存在する最大級のオープンプラットフォームになるとしている。

 TiVoの予想では、音楽や写真サービス、先進的な番組/映画ガイド、スポーツ、天気予報、マルチプレーヤーゲームなど、多様なアプリケーションが作成される見通し。ブロードバンドに対応した「TiVo Series2 DVR」を使って新しいアプリケーションにアクセスできるようになる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.