ITmedia NEWS >
速報
» 2005年02月01日 20時46分 公開

オンラインチケット予約購入経験は56.4%

NTTレゾナントと三菱総合研究所の調査によれば、過半数の人がインターネットを介して何らかのチケットを予約・購入した経験をもつことがわかった。しかし、その一方、オンラインでのチケット購入にセキュリティ面で不安を感じている人も6割以上いた。

[ITmedia]

 NTTレゾナントと三菱総合研究所は2月1日、「チケットのオンライン購入に関する一般生活者の意識」についての調査結果を発表した。同調査は、インターネットアンケート・サービス「gooリサーチ」の登録モニターを対象に実施され、有効回答者数は2181人。

 これによると、今までにインターネットを介して何らかのチケットを予約・購入した経験がある人は56.4%だった。

 オンラインでチケットを予約・購入する理由(複数回答方式)としては、「窓口に足を運ばなくて済む」(53.4%)や「時間の拘束が少ない」(49.0%)と、手続きにかかる時間短縮を挙げる人が多く見られた。

 自身でオンライン購入したことのあるチケット(複数回答方式)で、もっとも多かったのは、「乗車券(新幹線)、航空券」(56.8%)。次いで多かったのは「コンサート」(41.4%)で、そのほかの「映画」「スポーツ」「観劇」などはいずれも2割を下回った。

 オンラインで乗車券や航空券を予約・購入した経験者に、利用頻度をたずねたところ、「年に1−2回」(48.1%)または「年に5回未満」(32.2%)という人が全体の8割以上を占め、利用頻度はそれほど高くないようだ。

 また、同経験者にオンライン購入での不満点をたずねたところ、33.6%が「特に不満は感じていない」と回答。しかし、一方で不満を挙げた人の意見には、「個人情報が守られているかどうか不安」(22.8%)が多かったほか、「サイトごとに仕組みが違っていて分かりにくい」(16.6%)、「混雑によりシステムへのアクセスができない」(14.9%)などが見られた。

 オンライン購入経験者に「オンライン予約・購入が今後普及していくために必要なこと」(複数回答方式)をたずねると、「オンラインだけの割引特典」(36.1%)や「変更やキャンセルの手続きが柔軟」(35.6%)、「個人情報保護への対策」(26.3%)などが多く挙げられた。

 次に、回答者全員に、「チケットのオンライン予約・購入における個人情報漏洩に対する不安」の有無をたずねたが、「大いに不安だ」(10.8%)または「少し不安だ」(50.2%)と、合わせて6割以上の人が不安を感じていることがわかった。

 さらに、携帯電話などを利用したキャッシュレス・チケットレス形式によるチケット販売サービスの利用意向をたずねたところ、9.3%が「利便性が高いので利用したい」と回答したのに対して、「安全性、安定性を見極めたうえで利用したい」(36.6%)や「利用するにはまだ不安要素が多い」(18.1%)と、5割以上が利用に慎重な姿勢を見せたほか、2割強は「利用しない」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.