ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年03月30日 08時48分 UPDATE

Intel、Xeon MPの新製品発表

Intelは64ビット対応の新製品として、Xeon MPプロセッサ5種類と新チップセット「E8500」を発表した。

[ITmedia]

 米Intelは3月29日、64ビット対応の新製品として、Xeon MPプロセッサ5種類と新チップセット「E8500」を発表した。コードネーム「Truland」と呼ばれるプラットフォームを構成する製品となる。

 新プロセッサは最大で8Mバイトの3次キャッシュを備え、プロセッサ4個以上を搭載したサーバ向けとなる。MPサーバプラットフォームとして初めて、Extended Memory 64 Technology、PCI Express、DDR2-400メモリ、Demand Based Switching、強化型SpeedStepといった技術を組み合わせ、サーバの性能強化と信頼性向上を図っている。

 用途はサプライチェーン管理、ERP、CRM、中小企業のデータベースといったミッドレンジのエンタープライズアプリケーションを想定。従来世代のXeon MPに比べて最大で70%のパフォーマンス向上が見込めるとしている。

 Dell、富士通、HPなど各国の大手メーカーが搭載システムを出荷予定。1000個ロット時の価格は、8Mバイトの3次キャッシュを搭載した3.33GHzのXeon MPが3692ドル。

 新チップセットのE8500はデュアルコア対応のアーキテクチャを備え、マルチコアや仮想化技術といった新技術への移行に備えた製品。667MHzのデュアルフロントサイドバスを備え、来年1〜3月期に登場予定のデュアルコア版Xeon MP「Paxville」に対応したインフラを提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.