ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年06月01日 09時12分 公開

AOpen、COMPUTEXでMac mini対抗の超小型PCを展示COMPUTEX TAIPEI 2005

Mac mini酷似のデスクトップPCがCOMPUTEXで登場した。AOpenのXC Cubeシリーズの新製品で、Windows OSとPentium M採用。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 台北で開催中のCOMPUTEXで、AOpenはApple ComputerのMac miniに酷似したデスクトップPCを展示した。Mac miniとは異なり、Windows OSとPentium Mを採用している。

 この製品はXC Cubeラインの1モデルと設定されており、IntelのPentium M搭載マシンの家庭向けブースで展示されている。Intelは複数のPCベンダーと同種のPCに取り組んでおり、今年後半にリリースされる予定だという。

 AOpenの既存製品であるXC Cube PCはMac miniよりも大きいものだが、同社はPentium Mベースのマザーボードを小型化する予定だと5月初めに語っていた。

 COMPUTEXで展示されている新製品はMac miniとほぼ同一サイズだが、スペックおよび価格は未定だという。Intelデジタルホームグループの副社長兼ジェネラルマネジャーであるドン・マクドナルド氏は、今春開催されたIntel Developer Forumの基調講演で、この種のコンセプトPCを発表している。

 Pentium Mは、処理能力は高いが、大掛かりな冷却システムを必要とするPentium 4やPentium Dよりも、エンターテインメントアプリケーションに適した省電力性能を備えている。マクドナルド氏によれば、同グループはIntelの全分野の製品からデジタルホーム向けチップデザインを選択する権利を持っており、Pentium MベースのPCはマルチメディアエンターテインメントPCのための、非常に興味深い候補であると2月に話していた。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.