ITmedia NEWS >
速報
» 2005年06月08日 20時14分 公開

IP電話が6割増、固定は1%減――2004年度末契約数

[ITmedia]

 総務省が6月8日公表した2004年度末時点の電話サービス契約数(速報値)によると、IP電話契約数は830万件で、前年度比57.2%増えてISDN(同7.5%減の798万件)を上回る規模に成長した。加入電話(ISDN含む)は同0.1%減の5961万件と、2年連続で減少した。

 固定系全体でのNTT東西のシェアは97.8%(同1.1ポイント減)。日本テレコムやKDDIの直収型電話(38万件)や、CATV事業者による電話回線(82万件)の出現で、固定系でも競争が激化しそうだ。

 携帯電話は8700万件と同6.7%増えたが、増加ペースはゆるやかになってきた。NTTドコモのシェアは54.8%と、前年度と同水準。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.