ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年06月14日 08時27分 公開

IBM、Blue Geneの姉妹版を自社研究所に導入

IBMは民間保有では世界最速のスーパーコンピュータをうたった「Watson Blue Gene」を自社の研究センターに導入した。

[ITmedia]

 米IBMは6月13日、民間保有のスーパーコンピュータとして世界最速をうたった「Watson Blue Gene」(BGW)をニューヨーク州にある自社の研究センターに導入したと発表した。

 BGWの速度は91.29テラFLOPSで、米ローレンスリバモア研究所が保有するBlue Gene/Lとともに、スーパーコンピュータの世界上位3位に入るとIBMは説明。冷蔵庫ほどの大きさのラック20台で構成され、同程度のパワーを持つ従来型のシステムに比べて半分以下のサイズで3倍のパフォーマンスを発揮するとしている。

 IBMではライフサイエンス、流体力学、量子化学といった技術分野からビジネスアプリケーションに至るまで、幅広い分野でBGWを利用する計画。また、米エネルギー省のINCITE(Innovative and Novel Computational Impact on Theory and Experiment)プログラムの一環として、学術および業界の研究者にもコンピューティングリソースを提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.