ITmedia NEWS >
速報
» 2005年06月20日 19時59分 公開

ネット証券ランキング、イー・トレードが総合1位

ゴメスの「オンライン証券ランキング」によると、イー・トレード証券が総合1位を獲得した。

[ITmedia]

 ゴメスは、6月16日、2005年6月のオンライン証券ランキングを発表した。同社がノミネートしたオンライン証券24社が提供しているサービス内容を分析し、「機能性・使いやすさ」「安定性と信頼感」「情報量とコンテンツ」「サービスのきめこまかさ」「総費用」の5つのカテゴリごとに評価を実施、その結果をもとに総合ランキングを決定した。

 今回は、ウェブ・アクセシビリティ、個人情報保護、手数料体系に関する項目を特に重視して評価を行ったという。結果は以下の通り。

順位 サイト名(運営会社) 総合得点
1位 イー・トレード証券 8.23
2位 マネックス・ビーンズ証券 7.98
3位 カブドットコム証券 7.80
4位 楽天証券 7.45
5位 松井証券 7.23
6位 大和証券(ダイワ・ダイレクト) 6.87
7位 Meネット証券 6.60
8位 オリックス証券 6.38
9位 リテラ・クレア証券 6.09
10位 丸三証券 6.04

 1位のイー・トレード証券は、使いやすいサイト・デザイン、豊富な取扱商品と安い手数料体系が総合的に評価され、6期連続で総合1位を獲得した。2位のマネックス・ビーンズ証券は、取扱商品範囲の広さや多彩な注文方法の提供などのサービスの充実度が、3位のカブドットコム証券は、充実した情報ツールや多彩なメール通知機能および注文方法情報、セキュリティへの意識の高さなどがそれぞれ評価された。

 カテゴリー別では、「機能性・使いやすさ」と「情報量とコンテンツ」で、イー・トレード証券が、「安定性と信頼感」でカブドットコム証券が、サービスのきめこまかさ」では、マネックス・ビーンズ証券が、「総費用」ではセンチュリー証券がそれぞれ1位となった。

 また、今回から、「短期売買型」「情報分析・長期保有型」「小口投資型」の投資家タイプ別ランキング評価を実施。短期売買型と小口投資型ではイー・トレード証券が、情報分析・長期保有型では大和証券(ダイワ・ダイレクト)が、1位に選ばれた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.