ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年06月25日 07時32分 公開

Oracle、マフェイ氏の社長兼CFO就任を正式発表

Oracleは元Microsoft CFOのグレゴリー・マフェイ氏の社長兼CFO就任を正式発表した。

[ITmedia]

 米Oracleは6月24日、元Microsoft CFOのグレゴリー・マフェイ氏(45)が新社長として入社、7月からはCFOを兼務すると正式発表した。併せて法務、人事、製造、流通、世界不動産事業の責任者となる。

 マフェイ氏は1993年にMicrosoft入りし、1997年から2000年までCFOを務めた。直近の役職は通信プロバイダー360networksの会長兼CEO。Electronic ArtsとStarbucksの取締役も務める。

 ラリー・エリソンCEOは「グレッグ(マフェイ氏)はソフトと通信業界で豊かな経験を持った非常に優秀な幹部だ。経営上層部全員がグレッグと共に働くことを心待ちにしている」との談話を寄せている。

 Oracleではこれまでサフラ・カッツ氏とチャールズ・フィリップス氏が共同社長を務め、CFOはハリー・ユー氏が3月に退社した後、カッツ氏が兼務していた。両氏の役職がどうなるのかについて発表資料では触れていない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.