ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年07月08日 08時19分 公開

米国の高速接続回線、34%増加――FCC統計

2004年の米ブロードバンド統計によれば、高速接続サービスの回線数は同年中に34%増加した。内訳ではADSL回線が45%増え、CATV接続の30%増を上回った。

[ITmedia]

 米連邦通信委員会(FCC)が7月7日発表した2004年のブロードバンド統計によれば、米国で家庭と企業向けに高速接続サービス(上り/下りの少なくとも一方が200Kbps以上)を提供している回線数は3790万となり、同年中に34%増加した。

 内訳は、ADSL回線が45%増の1380万回線、CATV接続は30%増えて2140万回線。残る270万回線は衛星/地上経由の無線接続、光ファイバー、電力線ブロードバンドなどが占め、衛星/地上経由の無線接続は50%伸びて50万回線、光ファイバー/電力線接続は16%伸びて70万回線となった。

 上り/下りの両方で200Kbps以上の高速接続サービスを提供している回線数は2890万回線で42%の増加。特にADSLが88%の伸びを示し、CATVの伸び率36%を大きく上回った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.