ITmedia NEWS >
速報
» 2005年07月12日 15時44分 公開

NTTコム「ホットスポット」も「統合を検討」

NTTグループ4社が無線LANサービスのアクセスポイント統合を発表したが、「ホットスポット」を運営するNTTコムは「将来的な統合について前向きに検討したい」と態度を保留している。

[ITmedia]

 NTTコミュニケーションズは7月12日、同社の公衆無線LANサービス「ホットスポット」のアクセスポイントを、NTTグループの公衆無線LANサービスに統合することを検討中と明らかにした。

 同日、NTT東西地域会社の「フレッツ・スポット」とNTTドコモの「Mzone」、NTTブロードバンドプラットフォームの「無線LAN倶楽部」がアクセスポイントの一部統合で合意したと発表。NTTコムも「将来的な統合について前向きに検討したい」(同社広報室)としている。

 ホットスポットのアクセスポイント数は全国約2600。ユーザー数は「数万人の後ろの方」(同)という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.