ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年07月22日 08時00分 UPDATE

ロンドンでまた爆発事件、警察が携帯写真の提供呼び掛け

ロンドン2度目の爆発事件で、英国警察はWebサイトでユーザーに写真をアップロードしてもらうためのコーナーを設置、情報提供を呼び掛けている。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 英ロンドンで7月21日、2度目の爆発事件が起きた。前回ほど深刻な被害は出ていない模様だが、英国警察はロンドン在住者に対し、携帯電話などで撮影した写真を提供して捜査に協力するよう呼び掛けている。

 警察が確認したところでは、21日午後にロンドンで小規模な爆破/爆破未遂が4件起きた。現場は地下鉄のオーバル、ウォレンストリート、シェパーズブッシュ駅近辺と、ロンドン東部ハックニーのバス。

 「現時点で爆発による負傷者は非常に少数と見られ、爆弾も前回より小さいようだ。しかしまだ全容はつかんでいない」。警察は記者団にこう説明した。

 Daily Mail紙の報道によれば、英交通警察の広報官は、ウォレンストリート駅で1人が負傷したと語った。

 警察では捜査の一助とするため、現場付近で携帯電話などで撮った写真の提供を直ちに呼び掛けた。英国警察のWebサイトでは、ユーザーに写真をアップロードしてもらうためのコーナーを設置、テキストメッセージで送信できるよう電話番号も掲載されている。

 ロンドンで2週間前に発生し56人の犠牲者を出した前回の爆弾テロ事件でも、警察は携帯電話写真の提供を呼び掛けた。この出来事は、カメラ付き携帯とデジタルカメラの普及がこうした事件の捜査の一助となり得ることを浮き彫りにしている。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.