ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年08月01日 13時15分 UPDATE

CPUAthlon 64 X2 3800+正式発表──AMD64対応のSempron 3400+も同時に発表

日本AMDはデュアルコアCPU「Athlon 64 X2」とバリュークラスCPU「Sempron」の新製品を発表した。今回発表された新CPUはAthlon 64 X2 3800+とSempron 3400+。1000個ロット出荷時の単価はAthlon 64 X2 3800+が4万710円。

[ITmedia]

 デュアルコアCPUラインアップのAthlon 64 X2 3800+はSocket 939に対応。実クロック2.0GHzでL2キャッシュはそれぞれのコアに対して512Kバイト実装。内蔵するメモリコントローラは、従来どおり最大PC3200のDDRメモリをデュアルチャネルでサポートする。最大消費電力は89ワットと説明されており、従来からある高クロック動作のAthlon 64 X2ラインアップの110ワットと比べて低くに抑えられた。

 バリューラインアップのSempron 3400+は90ナノメートルプロセスのPalermoコア採用。動作実クロックは2.0GHz。実装するL2キャッシュは256KバイトとSempron 3300+から2倍に増えた。最大消費電力は従来と同様62ワットとなっている。

 Sempron 3400+はバリュークラスCPUのラインアップとしては初めて64ビットコンピューティング「AMD 64」に対応。また、SSE3命令を実装するなど若干の改良が施されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.