ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年08月10日 19時39分 公開

テレビ電話でプロモ配信 キャイ〜ンのDVDで

テレビ電話でDVDのダイジェスト映像を配信するという試みが始まった。カメラ付き携帯電話でバーコードを撮影し、電話番号を取得して映像にアクセスする。

[岡田有花,ITmedia]

 NTTデータは8月10日、TDKコアが発売中のDVD「キャイ〜ンLIVE2005〜キャイ〜ンがシークレットライブまたやりました」(税込み3990円)の販促ツールとして、携帯電話向け情報配信システム「パッとび-J」が採用されたと発表した。携帯カメラとテレビ電話を組み合わせ、ダイジェスト映像を配信する。

photo

 パッとび-Jは、専用アプリをインストールした携帯電話でバーコードを撮影すると、画像を解析してデータをサーバに送信し、対応したWebサイトのURLを携帯に送り返すシステム。

 サイト上には、DVDの詳細情報と、ダイジェスト映像配信用テレビ電話の電話番号を表示した。番号をクリックすれば、テレビ電話で2分程度の映像が流れる。通信料金はユーザーが負担する。

 バーコード読み取りに対応する携帯電話は、NTTドコモの505i、506iシリーズの一部と、FOMA900iシリーズ以降。テレビ電話による映像配信はFOMAのみ対応する。

 キャイ〜ンの天野ひろゆきさんは「ダイジェストを見れば『DVDでもっと見てみたい』と思うかもしれない」とパッとびのPR効果に期待する。ウド鈴木さんは、持ってきたサンドイッチのバーコードを見て「これを読み取ってもキャイーンの映像が出ればいいのに」などと話し、天野さんに突っ込まれていた。

photo 「夏休みは暇だから家でパッとびを見る」と話すウドさんと「夏は舞台で大忙し」という天野さん(右)
photo 携帯電話は2人の私物

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.