ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年08月12日 16時41分 公開

トヨタレンタリースの車両管理システムに不具合 顧客情報が閲覧可能に

トヨタ自動車は、トヨタレンタリース店のリース顧客が使用している車両管理Webシステム「TCMサポート」に不具合があり、顧客情報が別の顧客から閲覧できる状態になっていたと発表した。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は、トヨタレンタリース店のリース顧客が使用している車両管理Webシステム「TCMサポート」に不具合があり、顧客情報が別の顧客から閲覧できる状態になっていたと発表した。

 プログラムにバグがあり、入力したデータが旧契約データから新契約データに引き継がれる際に、誤って別の契約データに引き継がれてしまった。500件分の運転者名、駐車場情報などが別の顧客に閲覧された可能性があるという。

 既に閲覧可能となっていた情報を削除し、プログラムを修正した。同社によると、閲覧された情報が悪用されたなどの被害報告はないとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.