ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年09月28日 21時44分 UPDATE

Wireless USB、実用化へあと一歩

USBを無線化した「Wireless USB」製品が、来年早々にも米国で発売されそうだ。国内での商品化は電波法の規制が緩和され次第。早くても来夏になるようだ。

[岡田有花,ITmedia]

 USB 2.0の無線版「Wireless USB」が実用化に近づいている。米Intelや米Microsoftなどが参加する推進団体・Wireless USB Promoter Groupは、9月28日に都内でカンファレンスを開き、規格策定や機器開発が順調に進んでいることをアピールした。

 Wireless USBは、PCとデジタルカメラ、プリンタなどの機器間を無線接続する規格。3メートルで480Mbps、10メートルで110Mbpsのデータ転送が可能で、実効スループットは「有線のUSB 2.0より少し劣る程度」(NECエレクトロニクスの担当者)という。

photo Wireless USBで接続されたPC間で、DVD映像を転送するデモ(イスラエルWisairのブースで)

 Wireless USB規格は5月に1.0が公開。各社が対応チップを開発しており、米国では来年早々にも製品に搭載される見通しだ。

 国内での製品発売は、来春以降の規制緩和後となる。電波法の規制により、Wireless USBのベースとなるUltra Wide Band(UWB)技術の利用に総務省の許可が必要なためだ。Wireless USBの実用化はUWBの規制緩和後となるため、商品展開は早くても来夏になりそうだ。

photo カンファレンスに展示されていた機器もすべて、前日に総務省の担当者がチェックしたという

来春にも製品登場 まずは米国で

 Wireless USB対応チップは、NECエレクトロニクスなどが開発済み。USB 2.0接続のWireless USBホストアダプターや、PCI/PCI Express対応アダプター、有線USB接続用ハブなどの開発が進んでいる。

 2007〜2008年ごろにはIntelのチップセットにWireless USB機能が統合される見通し。MicrosoftはWindows VistaでWireless USBのサポートを計画しているという。

 NECエレクトロニクスは、9月20日に発表したシステムLSI2製品を会場に展示。年度末までに出荷を始める。「Wireless USBは、初期の無線LANよりも低価格になりそう」(説明員)

photo NECエレがサンプル出荷するホストコントローラ「μPD720180」(左)とデバイスワイヤアダプタ「μPD720170」

 イスラエルWisairのWireless USBチップは、米国のプリンタメーカーが採用を決めたという。来年1月に開かれる「2006 International CES」(米ラスベガス)で、同チップを搭載したプリンタが発表される見通しだ。

photo Wisairのチップと、同チップを搭載したUSB接続のWireless USBホストアダプター

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.