ITmedia NEWS >
速報
» 2005年10月05日 19時16分 公開

日立、POWER5+搭載「SR11000」を出荷 北大に5.4TFLOPS納入

[ITmedia]

 日立製作所は、POWER5+を搭載した科学技術計算向けコンピュータ「SR11000 モデルK1」を10月7日から出荷する。北海道大学が採用し、来年1月から理論ピーク性能5.4TFLOPSで稼働する。

photo 32ノードモデル

 1ノードに同プロセッサ(2.1GHz)を16個搭載し、最小4ノードから最大512ノードまで幅広く構成できる。最大理論ピーク性能は68.8TFLOPSと世界最速レベル。同社独自の並列か技術により、ベクター型プロセッサに匹敵する性能を発揮するという。メモリ性能の強化で実効性能も向上させた。OSはAIX 5L。

 北大は情報基盤センターに40ノードを設置する。理論ピーク性能は従来の「SR8000」から21倍、メモリは16倍の5Tバイトに強化される。

 価格は2億7720万円(税込み)から。高エネルギー加速器研究機構などからも受注しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.