ITmedia NEWS >
速報
» 2005年10月05日 19時17分 公開

PCソフト市場は堅調 05年度、4.3%増・7862億円

JPSAの速報値によると、2004年度のPCソフト国内出荷は7862億円で前年度比4.3%増。PC市場の回復に合わせ、堅調さを維持した。

[ITmedia]

 日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会(JPSA)は10月5日、2004年度(2004年4月〜2005年3月)のPC・PCサーバ用パッケージソフト国内出荷金額調査(速報)をまとめた。金額は前年度比4.3%増の7862億円。市場が回復傾向にあるPC本体と歩調を合わせ、堅調だった。

photo 国内ソフトウェア市場推移(JPSA資料より)

 景気回復でIT投資が大企業から中小企業まで増加傾向にある上、2000年に導入されたシステムが更新期を迎え、ハード、ソフトとも堅調だった。

 2005年度の予想出荷金額は前年度比3.7%増の8149億円。個人情報保護法の本格施行に対応したセキュリティソフトの需要が市場を引っ張るほか、オンラインゲームや音楽配信の拡大でコンテンツ関連ソフトも成長すると見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.