ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年10月12日 08時20分 公開

AMD、プロセッサ好調で増収増益

AMDの7〜9月期決算は、プロセッサ販売が好調で増収増益となり、売上高は過去最高の15億2300万ドルとなった。特にモバイルプロセッサのTurion 64は、前期比で72%の伸びを示した。

[ITmedia]

 米AMDが10月11日発表した第3四半期(7〜9月期)決算は、プロセッサ販売が好調で売上高が前年同期比23%増え、過去最高の15億2300万ドルとなった。純利益も7600万ドル(1株当たり18セント)と、前年同期の4400万ドル(同12セント)から増益となった。

 マイクロプロセッサの売り上げは、サーバ、モバイル、デスクトッププロセッサの需要を受けて前年比で44%の大幅な伸び。特にモバイルプロセッサのTurion 64は、前期比で72%の伸びを示した。

 メモリ製品部門の売り上げは前年比で4%減少したが、販売数の増加とMirrorBitの売り上げ増大を受け、前期比では12%増えた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.