ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年10月25日 08時01分 公開

Disney、アカデミー賞候補作品の配布に暗号技術導入

Disneyは、アカデミー賞選考委員約1万2000人に候補作品を提供する際、特殊な暗号技術を採用したDVDと専用のDVDプレーヤーを配布する。

[ITmedia]

 米Walt Disney Studiosは10月24日、2005年のアカデミー賞選考委員に配布するDVDに、Dolby Laboratoriesの子会社Cineaの暗号技術を採用すると発表した。受賞作品選考の過程で海賊版が流出するのを防ぐ狙い。

 映画芸術科学アカデミー協会、英映画テレビ芸術アカデミーと協力して、アカデミー賞の選考委員約1万2000人に、CineaのDVDプレーヤーS-VIEW SV300を配布。S-VIEWは通常のDVDプレーヤーと同じように機能し普通のDVDも再生できるが、利用するには電話かインターネットでCineaに登録する必要がある。

 各選考委員に配布されるディスクは、それぞれ固有のコードで暗号化される。このディスクは各委員が登録したCinea S-VIEWでしか再生できず、ほかのDVDプレーヤーやコンピュータで再生することはできない。

 アカデミー賞の選考に当たっては毎年、各映画会社から選考委員にノミネート作品が配布されるが、この過程で海賊版が出回ったりP2Pネットワークに流出するなどして問題になっている。Disneyのディック・クック会長は「海賊行為に対するこの積極的抗戦に、他社も加わることを望んでいる」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.