ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年10月27日 21時42分 UPDATE

WPC EXPO 2005:スペースは拡張、出展者は減少――閑散としたWPC会場

今年のWPCを訪れた人は「ガラガラだった」と口をそろえる。出展企業・団体の数が減り、ブース間の距離が極端に広がっている。

[岡田有花,ITmedia]

 「うちのブースから、一番端っこのブースまで見えますよ」――東京ビッグサイトで開幕中の「WPC EXPO 2005」会場。東端近くにブースを構えるある企業の関係者は、西端の企業ブースを眺めてしみじみと言った。

 今年のWPC EXPOの印象は、一言で言うとガラガラ。ブースとブースの距離がかなり広くとられているためだ。入場者数は少なくなく、メーカーのブースにはそれなりに人が集まっているものの、空きスペースの多さから閑散とした印象を受ける。

photo 南側ホール西端のエプソン販売のブースから、東端が見通せる。この写真を含め、以下の写真はすべて正午ごろ撮影した

 出展社数は昨年の374から45減って329に。小間数は昨年の1518から168減り、1350になった。昨年まで大きなブースを構えていたNTTドコモやオリンパスなども今年は出展を控えた。

 しかし会場面積は1ホール分増えて6ホールになり、埋まらないスペースが増えた。「ホールは思い切って3つくらいに抑え、きついくらいのスペースでやったほうが盛況な感じが出たのではないか」――来場者や出展者からこんな声も聞いた。

photo 大手企業の出展が少ない4〜6ホールが特に閑散としている
photo イベントや抽選を行う企業には人だかりもできている。大手PCメーカーのブースも盛況だった
photo 会場で最も混雑していたのは、ウィルコムのブース。「W-ZERO 3」など新機種には行列が絶えなかった

 入場者数はまずまずだ。開会初日となった26日の入場者は4万7254人。昨年の初日来場者数の4万2671人を上回った(ただ昨年の初日は台風が直撃し、閉場時間を1時間早めていた)。ちなみに昨年の2日目の入場者数は6万698人、一昨年の初日入場者数は5万2018人だった。

 WPC EXPOは、2002年に「WORLD PC EXPO」から改名。PCの新製品発表の場から、IT機器や技術の総合展示会に生まれ変わった。今年は、PC分野以外からの出展も目立つなど、WPCを新たな視点で活用しようという企業も出てきている。WPCは、これまでとは違った役割を探す時期に来ているのかもしれない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.