ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年11月05日 07時47分 UPDATE

AMDと富士通合弁のSpansion、IPO計画を発表

フラッシュメモリメーカーのSpansionが、公開価格16〜18ドルでIPOに踏み切る計画を明らかにした。約5億6100万ドルの調達を見込んでいる。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 AMDと富士通のフラッシュメモリ合弁会社Spansionは11月4日、株式公開(IPO)の計画を発表した。公開価格は16〜18ドルとなる。

 米証券取引委員会(SEC)への提出書類によれば、SpansionはIPOで3529万4118株を公開、約5億6100万ドルの調達を見込んでいる。IPO後の発行済み全株式に占める持ち分はAMDが約40%、富士通は約27%となる。現在はAMDが60%、富士通が40%を保有している。

 いつIPOに踏み切るのかは明らかになっていない。Spansion広報に電話でコメントを求めたが返答はなかった。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.