ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年11月09日 22時29分 UPDATE

JR東日本と東京三菱銀行、カード事業で業務提携

JR東日本のクレジットカードと東京三菱銀行のキャッシュカードを一体にした提携カードが発行される。また2006年1月より、駅のATMコーナーで東京三菱銀行のキャッシュカードが利用できるようになる。

[ITmedia]

 JR東日本と東京三菱銀行は11月8日、カード事業における提携を発表した。

ビュー・スイカカード+スーパーICカード「東京三菱−VISA」

 JR東日本の発行するSuica機能付きのクレジットカード「ビュー・スイカカード」と、東京三菱銀行が発行する、手のひら静脈認証機能付きICキャッシュカード「スーパーICカード『東京三菱−VISA』」の機能を統合した、一体型提携カードを発行する。

 利用できる機能は、以下の通り。このほか、クレジットカードの利用額に応じてたまる「東京三菱ポイント」を、Suicaのバリューとしてチャージができる。発行開始時期は、2007年1月を目処とする。

カード機能 利用できる場所 備考
キャッシュカード 東京三菱銀行のATM 手のひら静脈認証機能付きのICカードとして
クレジットカード(ショッピング) JR東日本の駅、びゅうプラザ、VISA加盟店
クレジットカード(キャッシング) VIEW ALTTE、東京三菱銀行のATM
Suica JR東日本の駅、Suica対応店舗 Suica電子マネーとして

駅のATMで東京三菱銀行のキャッシュカードが利用可能に

 また、JR東日本の駅に設置されたATMコーナー「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」で、東京三菱銀行のキャッシュカードでの引き出し・残高照会が可能になる。利用可能な時間帯は、0時5分から23時55分までで。引き出し手数料は、105円(平日8時45分から18時まで)または210円(上記以外の時間帯)。残高照会は手数料無料。サービス開始は、2006年上期からを予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.