ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年11月10日 07時59分 UPDATE

中国初の有機EL工場、建設開始

中国初の有機ELディスプレイ工場建設が始まった。2006年には携帯電話や音楽プレーヤー向けカラーディスプレイの生産が開始される見込み。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 Beijing Visionox Technologyと清華大学は江蘇省昆山市にOLED(有機EL)ディスプレイの工場建設を開始したと発表した。

 OLEDは台頭しつつある低消費電力のディスプレイ技術で、携帯電話やMP3プレーヤーなど幾つかの分野では液晶をリプレースし始めている。Visionoxと清華大学によれば、このOLED製造工場は中国で初めてという。

 Visionoxによれば、この工場は2つの製造ラインを持つことになるという。最初の製造ラインは2006年中に完成予定で、2008年にはもう1つの製造ラインも出来上がる計画。どちらも1〜3インチのマルチカラーおよびフルカラーのOLEDディスプレイ製造に使われる。Visionoxによると、携帯電話、MP3プレーヤー、デジタルカメラ、車載電子機器などに使われる予定だ。

 完成すれば、2つの製造ラインで年間2000万個のOLEDディスプレイを製造し、売上高は120億人民元(1億4820万ドル)を見込んでいると、Visionoxは述べている。

 Visionoxによれば、技術と市場が進展すれば、2008年以降に10インチ以上のフルカラーOLEDディスプレイ製造可能なラインに拡張の可能性があるという。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.