ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年11月10日 20時00分 UPDATE

産総研、グリッド技術活用した「GridASP」の実証実験を開始

産業総合研究所はグリッド技術を用いて必要なときに必要なだけのコンピューティングパワーを提供する「GridASP」システムの実現に向け、実証実験を本格的に開始する。

[ITmedia]

 産業総合研究所は11月10日、グリッド技術を用いて必要なときに必要なだけのコンピューティングパワーを提供する「GridASP」システムの実現に向け、実証実験を本格的に開始することを発表した。合わせて、この仕組みを実現するためのソフトウェア「GridASP Toolkit」β版を開発し、フリーソフトウェアとして公開している。

 GridASPは、グリッド技術を活用してデータセンターのリソースを効率的に活用してASPサービスを提供できる環境を目指したもの。事業者が個々にコンピュータや運用担当者を用意していた従来のASPに比べ、経営効率を高め、利用料金を抑えることができるという。

 このモデルでは事業者は、ポータルを運営するポータル事業者(SP:Service Provider)、アプリケーションを提供するアプリケーション提供者(AP:Application Provider)、コンピュータを提供するリソース提供者(RP:Resource Provider)の3つに分類される。これら3種類の事業者が連携することにより、必要に応じてリソースを融通し合いながら、ユーザーからのニーズに応じた自由なサービスを提供できるという。

 産総研はGridASPの実現に必要な仮想化機能を提供し、アプリケーションの実行サービスを提供するシステムを構築するソフトウェアとして、GridASP Toolkitを開発している。GridASP Toolkitには仮想化機能のほか、匿名性の実現やリクエストに対して適切なコンピュータを選択するブローカ機能などが実装されている。

 産総研ではGridASP Toolkitのβ版を公開するとともに、複数の企業とともに実証実験を開始する。第一段階では、科学分野の計算を行うソフトウェアを用いてridASP Toolkitの機能を検証する。11月より開始される第二段階では、商用データセンターおよび商用アプリケーションを用い、GridASPのビジネス化に向けた課題の抽出と利用単価、ライセンス携帯の検討などを進めるという。産総研はさらに、GridASPビジネス推進を支援する「GridASPコンソーシアム」(仮名)の設立も検討している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.