ITmedia NEWS >
速報
» 2005年11月15日 17時28分 UPDATE

Yahoo!メール、スパム判定を送信メールにも

[ITmedia]

 ヤフーは11月15日、「Yahoo!メール」の迷惑メールフィルター判定技術を送信メールにも導入した。Yahoo!メールアカウントからの迷惑メール送信を規制するのがねらいで、現在の迷惑メール送信を半分以下に抑えるよう遮断するとしている。

 同社は「yahoo.co.jp」からの迷惑メールの大半は「送信元詐称によるものと考えられる」としており、同サービスはDomainKeysを導入しているため、送信元詐称は判断可能になっている。だが実際に同サービスからの迷惑メール送信が行われているのは事実、として導入を決めた。

 同サービスからメールを送信する際、サーバ段階で自動的に迷惑メールを判定する。受信メール規制で使用しているフィルターの判定ロジックを送信にも適用し、しきい値を超えた分について送信を制限する。導入に合わせ、ガイドラインも変更した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.