ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年11月29日 08時14分 UPDATE

MS、中小企業向けホスティングサービスの新版リリース

新版の3.5ではプッシュ技術を使った携帯機器との同期化機能を導入し、セキュリティ強化が図られている。

[ITmedia]

 米Microsoftは11月28日、中小企業向けホスティング型メッセージング/コラボレーションサービスの新版「Microsoft Solution for Hosted Messaging and Collaboration 3.5」を発表した。新たに携帯機器との同期化機能を導入し、セキュリティ強化が図られている。

 同サービスはユーザー10人〜250人の組織を対象に、ホスティングサービスプロバイダーを通じて提供。中小企業にエンタープライズ級の電子メールサービスや携帯端末からの情報アクセスサービスを提供できるとMicrosoftは説明している。

 新版ではユーザーがWindows Mobile 5.0搭載の携帯電話とPDAを使い、プッシュ技術を利用して最新の電子メールや予定表情報にアクセスできる。セキュリティ機能では、なくしたり盗まれたりした携帯機器からデータを消去でき、無許可ユーザーによるアクセスを防ぐルールを設定することが可能になった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.