ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年12月12日 12時00分 UPDATE

Paramount Pictures、DreamWorksを買収

Paramount Picturesは16億ドルでDreamWorksの映画ライブラリやスティーブン・スピルバーグ監督との契約を獲得する。

[ITmedia]

 米大手映画会社Paramount Picturesは12月11日、映画制作会社DreamWorksを16億ドル相当の現金および債務引き受けにより買収すると発表した。

 これによりParamountは、DreamWorksの映画ライブラリを獲得する。これには「グラディエイター」「アメリカン・ビューティー」などのアカデミー賞受賞作や、「キャッチミー・イフユーキャン」「プライベート・ライアン」などのスピルバーグ監督作品など59作品が含まれる。

 またParamountは、DreamWorks進行中のプロジェクト、スピルバーグ監督および映画プロデューサーのデビッド・ゲフィン氏との制作契約、DreamWorksのテレビ部門、将来のテレビアニメのキャラクターの権利も入手する。

 Paramountは買収成立後に投資家にDreamWorksの映画ライブラリを売却する交渉を進めているという。このライブラリの配給権はParamountが保持する。

 また今回の取引により、ParamountはDreamWorksの関連会社であるアニメ映画制作会社DreamWorks Animationと2012年までの独占配給契約を結んだ。この契約の下で配給される第1弾の映画は、2006年夏公開の「OVER THE HEDGE(邦題:森のリトル・ギャング)」となる。

 Paramountの親会社であるViacomの共同社長兼COO(最高執行責任者)トム・フレストン氏は発表文で、「スティーブン・スピルバーグ監督、デビッド・ゲフィン氏、そしてDreamWorksの才能ある人々がParamountに加わることはこの上ない喜びだ。ジェフリー・カッツェンバーグ氏とDreamWorks Animationとの新しい契約も楽しみだ」と述べている。

 買収は2006年第1四半期に成立する見通しという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.