ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年12月14日 08時18分 UPDATE

MS Office標準化へ技術委員会設置

MicrosoftのOffice Open XMLと互換性を備えたオフィスアプリケーション用の正式標準を策定するため、標準化団体のEcmaが技術委員会を設置した。

[ITmedia]

 標準化団体のEcmaは、MicrosoftのOffice Open XMLフォーマットと互換性を備えたオフィスアプリケーション用の正式標準を策定するため、新しい技術委員会のTechnical Committee 45(TC45)を設置したと発表した。

 TC45の設置は、MicrosoftのほかApple、Intel、東芝などが共同スポンサーとなって提案していた。

 Office Open XMLフォーマットを標準化することで、既存のOffice文書のデータやフォーマット、機能を失うことなくEcmaのXML標準フォーマットに変換できるようになるとEcmaは説明。幅広いツールやプラットフォームでこの標準の採用を促し、文書コンテンツのアクセスや利用、検索の促進を目指す。

 新しい標準は後方互換性を維持しながら新しく革新的なフォーマットと機能を備えたものとする意向。2006年末までに最初の版の完成を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.