ITmedia NEWS >
トップ10
» 2005年12月19日 19時11分 UPDATE

News Weekly Access Top10(2005年12月11日−12月17日)「電車男」にどうすれば会える?

先週のアクセストップは、2ちゃんねる管理人・ひろゆきさんのインタビュー記事だった。

[岡田有花,ITmedia]

 先週のアクセストップは、2ちゃんねるの管理人・西村博之(ひろゆき)さんのインタビュー記事。断トツのアクセスを集め、2ちゃんねるへの注目度の高さを裏付ける結果となった。

 同記事でも取り上げた「電車男」は、今年の「萌え」やアキバブームの火付け役でもあり、映画やドラマが終わった今でもブームの余韻が残る。ただ、電車男本人に会うのはなかなか難しいようだ。

 昨日、フジテレビの特番で、「アヤパン」こと高島彩アナウンサーが電車男とチャットする様子が放映された。番組内で高島アナは、新潮社の書籍「電車男」担当編集・郡司裕子さん経由で電車男にコンタクトしていた。

 では郡司さんはどうやって電車男と知り合ったのだろうか。ひろゆきさんによると、郡司さんは、まとめサイトを作った「中の人」に連絡を取り、電車男を紹介してもらったという。書籍化にあたっては、中の人、郡司さん、ひろゆきさん、電車男の4人で会ったといい、「電車男は割と素朴な人」(ひろゆきさん)だったようだ。郡司さんはあるインタビューで電車男の印象を「かわいらしい男の子」と話している。

 昨日の高島アナとのチャットで電車男は「自分が電車男だということは、家族にも友人にも話していない」と言っていた。電車男の正体は、ひろゆきさんと中の人、郡司さんのみぞ知る――ということのようだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.