ITmedia NEWS >
速報
» 2006年02月03日 16時20分 公開

家電大手5社、デジタルテレビ向けポータルを共同検討

シャープ、ソニー、東芝、日立製作所、松下電器産業の家電大手5社が、ブロードバンド対応デジタルテレビ向けポータルサービスを共同検討する。サービスや端末の仕様を統一し、サービスの普及拡大へ環境を整える。

[ITmedia]

 シャープ、ソニー、東芝、日立製作所、松下電器産業の家電大手5社は2月3日、ブロードバンド接続機能を持つデジタルテレビ向けポータルサービスを共同検討すると発表した。5社でワーキンググループを発足させ、事業化の形態や端末の技術仕様について詳細を検討する。

 ブロードバンド接続に対応したデジタルテレビが各社から登場しており、松下電器産業はデジタルテレビ向けに「Tナビサービス」を展開している。だが現状では機種やメーカーによって利用できるサービスに制約があるため、普及の足かせになっているという指摘があった。

 このため5社はポータルのサービスと端末の仕様を共通化することで、コンテンツプロバイダの参入が容易で、かつユーザーがメーカーや機種の制約なくネットサービスを利用できる環境を整え、テレビ向けポータルの普及を加速させたい考え。

photo ポータルサービスのイメージ

 5社は「DTVポータル検討ワーキンググループ」(DTP-WG)を結成。ポータルサービスはユーザーや関連事業者の意見を集めながら具体的な内容を検討する。端末の技術仕様は、関連する標準化団体と連携し、標準技術の利用を前提に必要な仕様を策定する方針。検討成果はCEATECなどのイベントを通じて広く公開する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.