ITmedia NEWS >
速報
» 2006年03月13日 17時06分 UPDATE

総務省内にSNS 地方とのコミュニケーションツールに

総務省が、情報通信分野を担当する職員を対象にした省内SNSを始めた。地方と本省の職員間でコミュニケーションを活性化するのがねらいだ。

[ITmedia]

 総務省は3月13日、省内SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を試行的に始めた。情報通信分野の業務に携わる職員を対象とし、地方と本省の担当職員間でコミュニケーションを活性化するのがねらい。

 「地方総合通信局等SNS」(SMILE)は、地方総合通信局・沖縄総合通信事務所と本省の情報通信担当職員ら約200人がメンバー。職員は日々の業務をSNS上に記録していき、他の職員が記録内容を閲覧し合うなどして業務の参考にする。また同じ業務を担当している職員でコミュニティーをつくり、情報の共有や意見交換を行う。

 9月末まで試行し、運用結果を踏まえて本格導入を検討する。試行結果は公表し、他機関や地方自治体がSNSを業務活用する際の参考にしてもらう。

 SNSのシステムは、NTTPCコミュニケーションズがASP提供するSNS構築サービスを利用している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.