ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2006年03月30日 08時45分 UPDATE

Intel、インドの「農村向けPC」プラットフォームを発表

インド農村部の過酷な環境に耐えられるPCプラットフォームをIntelが立ち上げた。

[ITmedia]

 Intelは3月29日、インドの農村地域に向けたPCプラットフォーム「Community PC」を立ち上げた。都市部と農村部のデジタルデバイド解消を狙っている。同社は地方の事業家や行政府との協力によりこのPCをインターネットキヨスクとして広めるためのJaagruti(啓蒙)プログラムも実施する。

 IntelはこのCommunity PCがインド農村地域のインターネットキヨスクとして利用されることを期待しており、電子政府機能における端末としての利用も想定している。

photo Community PC

 Community PCの特徴としては、まず過酷な環境に耐えられるシャシーが採用されていることが挙げられる。高低差の激しい気温、高湿度、ほこりなどに対処できる設計となっており、マザーボードの温度を一定に保つことができるようにファンが一体化されている。マザーボードの温度は最高で45度、湿度は相対湿度で70〜85に保たれる。

 電源にはUPSが組み込まれており、突然の停電にも対応できる。PC全体の電力消費は100ワット未満の省電力仕様。

 また、PC本体には認証システムも組み込まれている。このPCは共同使用が前提だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.