ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年06月01日 16時55分 公開

Mora、Windows Mediaで動画配信へ

「Mora」で音楽配信を展開するレーベルゲートは、WMV形式による音楽ビデオ配信を7月に始める。

[ITmedia]

 レコード会社が共同出資する音楽配信会社・レーベルゲートは6月1日、Windows Media形式による動画配信サービスを7月に始めると発表した。

 Windows Media Video(WMV)形式で、音楽ビデオクリップを中心に配信する。推奨ポータブルプレーヤーとして東芝「gigabeat Sシリーズ」「gigabeat V30T」を挙げている。WMV以外の形式による動画配信も検討中としている。

 また同月、Windows Media形式による音楽配信サイト「MusicDrop」の名称を「Mora(Windows Media Audio 形式)」(仮)に変更。購入手順の簡略化や配信楽曲の拡充などを行う。今夏には音楽系コミュニティーサービスも始める計画だ。

 6月1日付けで、ソニー・ミュージックネットワークの今野敏博代表取締役が代表取締役社長に就任した。同社は「(今野社長は)デジタル・コンテンツの開発と事業化で多くの経験と実績を有しており、音楽配信サービスの一層の強化・拡大を推進する」としている。

 Moraは2004年4月に開始した音楽配信サイト。約50万曲をそろえ、同社によると月間の有料ダウンロード数は約100万曲。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.